【激震】俺の全身全霊をかけた凄まじい資格批判がわかりやすすぎる!
*
ホーム > 美容 > 小説の主人公

小説の主人公

私が敬愛する官能小説家の千草忠夫さんもいくつものペンネームを使い分けた人でした。 
もともと高校教師ということで、教壇に立ちながら帰宅後に官能小説の執筆をされていたので、執筆に専念してからもその正体は謎のままで亡くなったのは覆面作家と呼ぶに相応しいなかと。 

千草氏が特に初期に複数のペンネームを使ったのは、氏が投稿していた雑誌で、当時まだ無名作家だった千草氏の短編を同じ号に複数掲載するには、他のプロ作家に示しがつかなかったからだと。 

おかげさまで私ら千草作品研究者には一生分の研究課題を残してくださることになりました。 
まだ知られてないペンネームがあるんじゃないかしらんとか。 

ちなみに彼の小説に出てくる女はみんなイイ女なんですよね。私も彼女たちにあこがれて綺麗な背中になりたいとおもって色々勉強してます。背中美人なんて言葉もあるくらいですからね。でも後姿が綺麗で顔を見た時に残念な人ってたまにいるけどそうはなりたくないなんて思ったりもする。


関連記事

髪にも必要なアンチエイジング
アンチエイジングというと肌にばかり注目が行きますが、髪にも必要なことです。 &n...
小説の主人公
私が敬愛する官能小説家の千草忠夫さんもいくつものペンネームを使い分けた人でした。...
ライスパワーの力があれば
ライスパワーの力があれば、それで美容効果は 全然違ってくるといわれています。 ラ...